デザイン住宅と家相、地鎮祭

住宅事情が変化している時代ですが、変化していないものがあると思います。

そう家相です。

人相学とはよく聞きますが、家相という言葉もあります。

デザイン住宅を建てるという人も、家相について知識を持っておくのも一つではないかとも思います。

家相は中国や日本では古くから伝わるものですね。

家の向きや水回り、土地柄も含めて考えられます。

中には相談したという人もおられるでしょう。

迷信だと思われる人もいるかと思いますが、それは、個人の考え方の問題でもあります。

絶対に家相についても考えた方が良いよとは言い切れませんからね。

逆に、全く考えなくても良いのでは?

とも言い切れません。

人の気持ちや考え方は不思議だと思います。

デザイン住宅でデザイン性に拘るあまり大事な事を忘れていないのか、建築士の人としっかりと確認しておく事も必要でしょう。

土地によっては湿気が多い所もあるでしょうし、風に向きによっては怖いほどに風が当たると言うこともあります。

家相だけでなくその土地柄も知識としては必要なのかも知れませんね。

家を建てるとき、私の田舎では必ずというほどに地鎮祭を行います。

そして家造りが始まる。

最近、気がつくと家が建っているという光景が多くなったと思うと同時に、地鎮祭をしている光景をあまり見かけなくなったようにも思います。

地鎮祭の意味は、工期の安全を祈るとともに、家の安全も祈る、そして家造りを行う許可をその土地の神様に得るというもので、日本の古くからの風習でもありますね。

迷信よという言葉で片付けられないと思っています。

マイホーム、しかもデザイン住宅で自分のニーズに合わせた家というだけで、浮かれた気持ちを隠しきれませんよね。

浮かれた自分、そんなときこそ区切りとなる儀式でもあると思うからです。

迷信と思う人もおられるでしょうが、高い買い物です。

後悔はしたくありませんよね。

デザイン住宅だからという気持ちをもちつつも、迷われている方は、建築士の人と相談することも良いのではないでしょうか。

費用や工期の日程なども相談しつつ、より良い家造りになると良いかと思います。