東京でも見るデザイン住宅ってなに?

デザイン住宅って東京でもよく聞きますよね。

デザイン住宅って何?

と思われた人いませんか。

私は、どんなものだろうと不思議にも思っています。

デザイン性に優れた住宅という事なのか、洋服のようにデザイナーの人がデザインした家という事なのでしょうか。

家のデザイナーとはどういうことなのでしょうか。

本当に?

マークが頭の中で巡っています。

皆さんは不思議に思いませんか。

以前は家作りと言いますと、大工と施主という関係が主流でしたよね。

勿論、今でも大工さんと施主さんの関係は同じではありますが、一級建築士や設計士、そして匠と言われる人たちが登場しています。

建築法が定められて、国家資格も登場し、単なる大工さんと施主さんとの関係ではなくなったと思います。

その事がより複雑にしているのではないかとも思います。

安全、安心だけでなく、更にその先の顧客の欲求を満たすという事も重要視されています。

そのためにデザイン性を追求した家作りやデザインだけでなく機能性も兼ね備えた家作りが求められている。

それが最近東京でも話題のデザイン住宅なのでしょうね。

デザイン住宅、気になりますよね。

そして道を歩きながら、素敵な外観の家に出会ったりすると、ついつい視線を注ぎたくなります。

また知人の家に遊びに行き、その家がとても素敵な家であれば、どこのメーカーさんか、工務店はどこなのかを聞きたくもなります。

最近は、日本家屋というよりも、西欧風の家作りや素材に拘った家作りなど個々の希望に合わせて行われていると言います。

デザイン住宅とも言っているようですが、単なる建て売りの住宅とは少々違った意味合いを持っているようです。

東京に住む知人がとても狭い土地に家を建てたと言いますので、遊びに行くことにしました。

本当に狭い土地でした。

いわゆる狭小住宅です。

ですが、中に入ると狭さを感じさせない。

狭いのですが快適さがあります。

知人に依頼した工務店を確認しました。

勿論東京にある工務店でした。

その工務店は、こちらです。

東京でお世話になるデザイン住宅の工務店はここ

狭い土地を最大限活用し、快適な暮らしが出来るという事を重点に設計し建てたと言います。

機能性に優れ、住む人が無駄な動きがないように工夫されていました。

もちろん、外観的にも〇です。

知人の満足した様子を伺い嬉しくなりました。